家族4人9泊10日インドネシア旅行の総費用は35万円(2018.8 子連れインドネシア旅 ♯50)

【写真】ボロブドゥール遺跡で「にわとりごっこ」をして遊ぶ子どもたち。

【インドネシア旅:番外編その4】

今回は、インドネシア旅行の費用を紹介します。

「小さい子ども2人を連れて」、「10日間程度海外を旅行する」は、ツアー旅行に参加するより、個人手配のほうが安くなります。もちろん、至せり尽くせりのツアー旅行と全て自分で調べなくてはいけない個人手配での旅行を単純比較はできませんが、かかるお金だけで強引に比較するなら、という話です。

その比較については、こちらの記事をご覧ください。

費用は総額で35万円

0日目に雪国の地方都市の家を出発してから、旅行10日目(家を出た日も含めると11日目)に家に着くまでの11日間の総額で、35万円です。日本国内で使ったお金、おみやげ代も含みます。

初日の車中泊も含めると10泊11日間ですが、日本を出る日を1日目とすると9泊10日間の旅行ですので、ここでは9泊10日間と考えることにします。

1人当たりの金額は、35万円÷4人=87,500円です。

内訳は次の通りです(表になってなくてすみません)。

成田⇔ジャカルタ往復航空券:127,678円(エクスペディア利用/1人往復31,920円)

ジャカルタ→ジョグジャカルタ片道航空券:16,501円(エクスペディア利用/1人4,126円)

家から成田空港への往復ガソリン代・ETC代:21,700円

USAパーキング(10日分):5,076円

宿泊費(8泊分):32,335円(1人あたり8,084円)

特急列車1等(ジョグジャカルタ→バンドン):10,374円

特急列車1等(バンドン→ジャカルタ):4,376円

海外旅行保険(損保ジャパン):9,560円

日本国内での食事代:6,000円

その他、インドネシアで使用した現金(食事代、観光代、おみやげ代。内訳は不明):116,400円

以上で、合計35万円です(^^)/。

上記には日本国内での費用やおみやげ代も含まれていますので、おみやげ代を除いた海外旅行の費用としては9泊10日で30万円くらい。1人あたり75,000円となります。

・・・・・

私たちは、バックパッカーではありません。

ご覧のとおりしっかりした清潔なホテルに泊まっておいしい朝食を食べ、

インドネシア国内3都市を飛行機と特急列車で周遊し、

タクシーチャーターを駆使して縦横無尽に回って、

9泊10日間で、

スーツケース1つ分のおみやげを満載して帰国して、

家族4人で35万円、1人あたり85,000円です。

これ、国内旅行だと、もっと高くなると思うんですよね・・・(^^;

インドネシア旅行記フィナーレのごあいさつ

この50回目をもって、2018年8月のインドネシア旅行記は完結とします。1月21日の連載開始から4ヵ月近くかかりました。

これでも必死に制作していました(^^; 1記事あたり2時間~3時間で書けるとふんで始めたんですが、とんでもない認識不足でした。

実際、1記事の制作にかかった時間は、短いもので3時間、長いもので8時間、平均5時間くらいです。なるべく嘘や間違ったことを書かないように、できるだけ記憶を頼らず、ビデオ動画やレシート、写真の撮影日時を整理して事実関係をチェックしながらの作業。思った以上に、いや、想像をはるかに越えて大変でした。

たまたま途中、1週間パートのお暇をいただくことがあり、そこで書き溜められたので、何とかこのペースで完結できたと思います。

自分で言うのもなんですが、私の記事には、お金を節約しながら、英語が話せなくとも海外周遊旅行するための実践的なノウハウが詰まっていると思います。子連れ節約海外旅行をお考えの方、ぜひ、第1話からお読みください。35万円でできたことを細かく紹介しています。

インドネシア旅行記、第1話から読んでみる方はこちら

次回、1回だけインドネシアの気候についてのまとめ記事を挟んで、2018年2月のミャンマー旅行記に入ります。

引き続きご愛読いただけたら嬉しいです(^^)/。

インドネシア編ご愛読、ありがとうございました~~~(^^)/ 
最後にクイズです。ここはどこでしょう? 【ヒント:山の上】

クイズの正解はこちら

<達成感にひたっているアイス星人より/平成31年4月30日、平成最後の日に執筆>

次回は、インドネシアの天候についての記事を挟み、ミャンマー旅行編に移ります。