ビンタン島のビーチで「海水浴」はできなかった(2歳&5歳:子連れシンガポール・マレーシア旅 ♯21)

海が遠浅過ぎて、どこまで行っても大人のひざ下です(^^;

【これまでの旅程】
1日目:朝5時、東北地方の自宅をマイカーで出発。午後1時、羽田空港着。ベトナム航空便で5時間、ハノイへ。空港泊。

2日目:朝、ベトナム航空便で3時間半、シンガポールへ。MRTで移動しホテルチェックイン。ダックツアー、ワンダー・フル、OCBCガーデン・ラプソティーを鑑賞。

3日目:マーライオン・パーク、シンガポール動物園、ナイトサファリ観光。深夜12時にホテル帰着。

4日目(今日):朝6時30分起床、7時50分ホテル出発。ホテル近くの人気飲茶店で朝食を摂り、シンガポール・フライヤーに乗車。いったんホテルに戻ってチェックアウトをした後、タクシーでタナ・メラ港へ向かいます。

フェリーターミナルの食堂でマレー料理のランチの後、ビンタン島に到着。入国手続きに1時間かかってしまいますが無事送迎車と合流し、殺人的なドライブでホテルに到着しました。

ここには2泊、お世話になります。

しかも、お部屋は、私たちの人生では恐らく初の「スイートルーム」。

いつも1泊1万円以下のホテルに宿泊しているんですが、今回は私たちにとって初の「リゾートホテル」

私たち、基本目的地をまわる観光ばかりで、これまで海外で(日本でも)リゾートホテルに泊まって1日ゆっくり、とか、したことないんですよね~~(^^;

家族4人朝食付きスイートルームの宿泊代は、1泊あたり15,000円。

高いけれど、これくらいなら私たちでも無理をすれば何とか・・・。

ホテル滞在だし、ここは奮発しよう!と思って、思い切ってスイートルームにしたのでした。

【2017.7 子連れシンガポール・マレーシア旅行:4日目その6】

スイートルームは超広かった

【16:10】私たちの部屋は302号室。このホテルに2つあるスイートルームのうちの1つでした。

ドアを開けると・・。

ひ、広~い!!

普通のお部屋の2倍くらいの広さ。ホテルによっては3倍くらい。

ダブルベッド×1、シングルベッド×2のお部屋ですが、ダブルベッドはキングサイズ、シングルベッドもそれぞれセミダブルくらいの大きさ。この3つのベッドが、ゆったりと配置されています。

スーツケース2つを床で同時に開けることも、余裕で可能!

こんな広いお部屋は生まれて初めてでした。

子どもたちは早速ベッドの上にあがってピョンピョン飛び始めました(^^)/。

これが15,000円の威力・・・。

たまにならいいかもしれない・・・と思いました。

うわぁ、広い! すでにエアコンが効いて涼しいです。
パパ「外の景色を見てみようよ」 長女「パパ、抱っこして!」
ご覧の通り広々。バスルームも広々でした。誰がどこに寝るようにしようか・・・。

バルコニーからの眺め

このホテルで最も高い3階のバルコニーから、海の様子が眺められました。

長女がバルコニーの柵に登りつきます。

※バルコニーの柵が腐っていると、崩れて下に落ちてしまう可能性があります。この時はパパが丈夫かどうか事前に確認しました。

ヤシの木に、エメラルドグリーンの海・・・。

南国ムード満点です!

長女:海が見える~! みんなで海に行こう! 今!

パパ:海行くか!

長女:準備して、行こう!

早速水着に着替え、海水浴をしに行きます。

これ以上涼しくなる前に、海に入りに行こう!

長女「ママ! 海が見えるよ~!」
あんまり乗り出さないでよ~~(^^; 次女も真似してバルコニーの柵に登り始めました。
さ、水着に着替えるよ~!
「タオル! 水着! タオル! 水着!」 叫ぶばかりでちっとも準備が進みません。

海水浴?

【16:30】ここは、海辺の「ビーチリゾート」。

ホテルにプールもありますが、ビーチに来たのだから、本物の海に入りたい!

急いで水着に着替え、ビーチサンダルを履いて、ビーチへと繰り出しました。

外はすでに陽が落ちかけていて、涼しい風が吹いていました。

予定では、もう少し早く着いているはずだったんですが、インドネシア入国に思ったより時間がかかってしまい、この時間になっちゃったんですよね・・・(^^;。

私は寒くなりそうだし、今ごろ車酔いがきたのか、港で酔い止めを飲んだ影響なのか、少し具合が悪いと感じたので、海に入るのはやめておくことにしました。

明日も海遊びをするし、今回はパパにお任せです。

水辺の浜には、小さなカニなどの生き物がたくさんいました。

パパと子どもたちは、早速海に入っていきます。

パパはどんどん歩いて沖の方へ。

遠浅なのか、かなりの所まで歩いていきます。

え~っ、そんなに遠くに行って大丈夫!?

私は浜辺でビデオを構えていたのですが、パパがどんどん小さくなる・・・。子どもたちもパパを追っていきますが、いつまでたっても海が深くなりません。

え、あそこまで行って、あの深さ・・・? 今は干潮なのかな?

もう、30mは優に歩いて行ってるのに、海水はいぜんパパの膝下。子どもたちも楽しそうについて行っていますが・・・、どこまで行っても、大きい水たまりぐらいの深さしかないので、「海水浴」はできません(^^;

最終的に、浜から50mくらい行った所まで歩いていき、またバシャバシャと歩いて引き返してきました。

パパ:ここ、ものすご~く遠浅なんだわ! こんな海は初めてだ・・・。浅すぎて泳げない(^^; あんまり遠くに行くのも怖いから、あの辺でやめにした。

パパ:生き物はいっぱいいるから、浜辺で遊ぶのは楽しいかもね。

私たちが思い描いていた「ビーチ」とは、かなり違うビーチでした(^^;

浜辺にはカニや貝、ヤドカリなど、たくさんの生き物がいました! 2歳の次女は「水遊びパンツ」を着用。
どんどん沖の方に歩いていきますが・・・、ちっとも深くなりません。
望遠で撮影中。かなり遠くまで歩いたのに、依然、海水はパパの膝下しかありません。

【17:00】30分ほどで、ビーチから撤収。

すっかり陽も落ちてきて、涼しくなってきました。

ビーチ、思ってたのと違ったけど、子どもたちは楽しそうでした。

今日は午後6時に夜のホタルツアーに出発するため、早めにご飯を食べる必要があります。

部屋でさっとシャワーを浴び、お着換え。

ホテルのレストランへと向かいます。

インドネシアで初めての食事となる次回に続きます。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※シンガポール・インドネシア・マレーシア3か国周遊旅行記を第1話から読む方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【台湾】特急列車で寿司が飛んだ

【イタリア】路線バスが75分間隔(時刻表一切なし)

【子育て】次女の面白エピソード