マンダレーの3つ星ホテルの朝食はこんな感じ(2018.2 子連れミャンマー旅 ♯28)

【写真】さわやかな朝。朝食のヌードルスープがお気に入りの子どもたち。

【ミャンマー旅行4日目:その1】

【5:30】起床。

子どもたちの服があまりにも泥だらけになってしまったので、部屋で洗濯をします。液体洗剤を日本から持ってきています。午前1時30分に寝たので、睡眠時間4時間。やらなきゃいけないと思うと、どうしても目が覚めてしまって・・・。一種の興奮状態なんでしょうか。

私の場合、タクシー移動の時などに居眠りして、ヒットポイントを回復しています(多分)。

※ゆっくり寝るべきだ! と、パパにはいつも言われています(^^;

マンダレーの朝の様子

【6:50】パパが目を覚ましました。子どもたちはまだぐっすりです。

朝7時。子どもたちはぐっすりです。

【7:15】子どもたちを起こしてお支度。

【7:40】朝食会場へ。8時30分にタクシーが迎えに来ますので、あまり余裕はありません。

朝食会場に行こうと、エレベーターに乗ると・・・。ゲッ!これは、ヤンゴンのホテルのギロチンエレベーターと同じエレベーターだ! 2006年に日本で男子高校生が挟まれて死亡した事故も起こしている、シン〇ラー社のエレベーターです。

停電が起きたら、ものすごい勢いで扉が閉まる(恐らく挟まれた人は無事では済まない)ギロチンエレベーターです。私たちが間一髪だった記事はこちら

しょうがない、停電で急に閉まる殺人扉に挟まれないよう、エレベーターに飛び乗ります(^^;

このエレベーター、見た目はモダンでかっこいいんですけど・・・(^^;

これは・・・、ヤンゴンのエレベーターと同じギロチンエレベーターだ! 飛び乗れば大丈夫です(^_-)-☆

朝食会場に着くと、なぜか警備のおじさんが子どもたちへダッシュ! 子どもが大好きなようで、長女を抱っこしてキッチンにごあいさつに連れて行ってしまいました(^^;

長女はキッチンのスタッフに手を振ってごあいさつしたようです。

警備のおじさんに抱っこされる長女

3つ星ホテルの朝食メニュー

時間はないし、早速朝食を確認します。

一昨日のヤンゴンのホテルはとても良かったですが、このホテルはどうかな~~~。

チャーハン
焼きそばと、野菜の炒め物。
春巻き、炒め物。
豆の煮もの、パンケーキ。
ヌードルスープの自作コーナーと、パントーストコーナー。
飲み物とフルーツ。
バナナ。これは・・・、ヤンゴン動物園でゾウさんにあげたバナナと同じバナナだ! 日本で売ってるバナナよりも甘みがなくてあっさりしています。

種類はそこそこ。他の3つ星ホテルに比べて、並です。

子どもたちはパンケーキ中心。

料理をいくつか食べてみると、料理は全体的にイマイチ。焼きそばも炒め物も、油の味が日本と違うんですよね。古い油を使っているのかもしれません(未確認情報。油の種類が私たちに馴染みのないものなのかもしれません)。

春巻きの中身には日本人が苦手な「八角」が入っていて、口にひろがるいやな匂い(中国人にはいい香りだとは思うんですが)ですぐわかります。私たちはパス。

そんな中で抜群においしかったのが、自作するグラスヌードルスープ。極細麺に熱々のスープをかけるんですが、これが最高でした!(^^)!。

クセのあるものもありますが、おいしい朝食です(^^)/
ヌードルスープは最高!
スイカ食べちゃおうかな~~~(^^)/

食後にコーヒーを飲んで、ちょっとバルコニーからの眺めを見てから、いったん部屋に戻ります。

もう、約束の8時30分を過ぎています。ニコニコおじさんのタクシーが待っていることでしょう。急がなくては。

レストランのバルコニー席に出てみました。なかなかいい眺めです。
全体的にうっすら白いガスがかかっています。昨日もそうでしたので、恐らく天候ではなく、光化学スモッグでしょう。北京や上海と同じです(程度の差はあるでしょうけれど)。
部屋に戻って、今日必要な荷物を持って出かけます。今日もタクシー観光なので、ベビーカーはホテルに置いていきます。
今日も元気に、冒険に出発だぁ~~~(^^)/

【8:45】予定より15分遅れて、ニコニコおじさんのタクシーでホテルを出発! 昨日の夜直接交渉し、朝8時30分~夜7時30分までの11時間で、45,000チャット(3,830円)でチャーターしています。

まずはマンダレー市街地の南にある、マハムニ・パヤーへ向かいます。

この時は、ある大切なものをホテルに忘れているとは気が付かずに・・・。

次回に続きます。

※ミャンマ―旅行記を第1話から読んでみる方はこちら