シチリア島:説明不要! アグリジェント「神殿の谷」(1歳&5歳:子連れイタリア旅 ♯48)

どういう景色ですかコレ。説明不要のすごさです! アグリジェント郊外「神殿の谷」にて。

【これまでの旅程】
0日目:金曜日の午後9時30分、東北地方の自宅をマイカーで出発。車中泊。

1日目:成田空港からモスクワ経由でローマ着。深夜12時過ぎにホテルにチェックイン。

2日目:ホテルでほぼ徹夜した後、ローマ観光。テルミニ駅でスリに遭う。

3日目:午前2時45分全員起床。午前中はバチカン観光。午後、特急列車でナポリへ。

4日目:ナポリ観光。夜行フェリーでシチリア島・パレルモへ。

5日目:パレルモ観光。モンレアーレ大聖堂、パラティーナ礼拝堂、カテドラーレの3つの世界遺産を観光。夜、私が足をくじいてしまいました。

6日目(今日):朝5時30分起床。悩んだ挙句、捻挫した足を抱えてアグリジェント行きを決断。ホテルでの朝食を10分で済ませて路線バスでパレルモ駅へ。列車に乗ること2時間以上、午前11時にアグリジェント中央駅に到着。街歩きをして、ジェラートとヨーグルトを食べました。

街歩きの途中で見つけたイタリアンのお店で私の海外旅行史上最高のランチタイムを楽しんだ後、午後3時、路線バスで世界遺産「神殿の谷」に到着しましたが・・・。

会社の通用口のような入口から入り、真っすぐすすんでいくと、小さなゲートと、チケット販売所がありました。

チケットは1人10ユーロ。大人2人で20ユーロ。子どもは無料。

料金を取るってことは、やはりここが「神殿の谷」の入口で間違いないようです。

私たちの他、入って行く人は誰も見当たりませんが・・・。

けっこう歩いても、そのままの景色。周囲に木が植えられ、散歩にはピッタリ・・・って、遺跡はどこじゃ遺跡は!!

私たち、実はここで重大なミスを犯していました。

さっきの入口で、案内マップをもらっておくべきだったのです!

「神殿の谷」の概略図は「地球の歩き方」にも載っていますが、やはり簡単なもので、実際に歩くとなるとあまり参考になりません。

現在地が広大な神殿の谷のどこなのか、まるでわかっていないのです。

【2017.1 子連れイタリア旅行:6日目その6】

遺跡はどこじゃ~~!

【15:10】ベビーカーを押しながら、遊歩道?を進んでいきます。

もう~~、遺跡はどこなのよ~~(^^; 

道は一本道。

入口があの簡素さってことは、恐らく入口は複数あるに違いない。

現在地がわからないけど、これだと、どの入口から入るかで運命が決まってしまってるんじゃ・・・。

しばらく進むと、道はスロープになっていました。この坂を抜けると、何かあるのかな?

進んでいくと、ようやく遺跡らしい、石垣のような石積みが見えてきました。
この先は坂になっています。私は足を捻挫していますので、結構辛い(片足に体重をあまりかけられないので、ベビーカーで体重を支えている方が、普通に歩くより楽です)
遺跡エリアに入っていきます。
はぁ、はぁ・・。結構長いぞこのスロープ・・・。

初めに出てきた遺跡は「ディオスクロイ神殿」

スロープの両側には古い石垣のような遺跡があり、そこを抜けると、広場になっていました。

そして、神殿の残骸と思われる、数本の石の柱の遺跡が視認できました。

おや。。。

あのショボい神殿遺跡は・・・。

「地球の歩き方」で確認すると、神殿の谷の端の方にある、「ディオスクロイ神殿(カストレ・ポルーチェ神殿)」だということがわかりました。

とりあえず、いくつかの神殿遺跡の一つに出会えてホッ・・・。

ベンチに荷物を降ろしてひと息つくと、周りが見えてきました。

天気が良くて暖かく、周囲は開けていて、地形の関係か、遠くにはアグリジェントの街がきれいに見わたせました。

ここ、ものすごく景色がいいんだ!

何これ? こんな景色、今まで見た記憶がない・・・。

古代ローマ時代の神殿跡はそこそこに、このきれいな景観の場所で、思い思いに遊び始めました(^^)/

ベンチに荷物を降ろしてひと息。「神殿の谷に着いた・・・」。捻挫している私の足も、何とか大丈夫そうです。
よくわかりませんが、散らばっている石の数々も、古代ローマ時代の建物の遺構なのでしょう。
遠くに、アグリジェントの街が見渡せます。何とも形容しがたい、見たことのない景色でした。
ディオスクロイ神殿の残存柱はこれだけ。

人間を発見!

ここまで、他の入場者は誰も見かけませんでしたが・・・。

私たちが遊んでいると、他の入場者2人が向こう側からやってきました!

本日の入場者、私たちだけではなかったようです(^^;

それにしても、私たちとこの2人以外、周囲に人が全然見えません。

他にも、遊びながらいろんな写真を撮りました。

少し退屈かと思いますが、しばし、私たちの家族写真にお付き合いください"(-“"-)"。

私たちの他にも人間が! 少し安心しました(^^;
子どもたちはお花を見ています。
次女も元気いっぱい! 抱っこ紐から出すと、元気に歩き始めました。
2人で、石の上に乗っていく遊びをしています。
ママ~! 石の上にうまく乗れたよ!
残っている柱は数本だけですが、元々の姿は大きなものだったのでしょう。
何だか踊っているようですね。
足元の危ない所は、長女が手をつないであげます。
ここは車が来ないから、安心して子どもを歩かせられます。
次女、喜んで歩いていきます。よし、景色もいいし、しばらく自分で歩いて行こうか!
「わぁぁぁっ!」 石のない所で、パパが子どもたちと追いかけっこを始めました。
アグリジェントの街をバックに。お花もきれいです。
座っちゃダメよ~(^^; 土とか口に入るといけないのですぐに立たせます。
鬼ごっこ中。いい顔してますね~(^^)/
道は一本道。この先には何があるのでしょうか。
てくてく・・・。かわいいですね~(^^)/
「パパ~っ! こっちだよ~~!」

奇跡の風景

【15:30】遺跡の中の一本道を、1歳児の歩くペースに合わせて、お花などを見ながらゆっくり歩いていきます。

写真ではわかりませんが、私は左足を捻挫しているため、歩きは左足を引きずりながら一歩ずつ。このスピードがちょうどいい。

パパが、何を思ったのかカメラを持って1人でスタスタ先に行きます。私は子どもたちと一緒にのんびりと。

何気なく私たちが歩いていた時にパパが撮影した写真がこちら。

すごい風景が広がっていたんですね~!

地形の関係か、すごい景色が広がっていました! こんな場所を歩いていたんですね~。
お花畑を歩いているみたいです(^^)/
突き当りまで来ると、高台から、丘の向こうが見渡せました。シチリア島の中央部方向を見る、雄大な景色です。丘の間を、シチリア島を南北に結ぶ道路が通っていて、車が行き交う姿が良く見えました。
この先は歩道が整備されていました。
途中、次女がうんちをしたので遺跡の陰でおむつ交換。その間、長女は石を並べてお家を作って遊んでいました。
長女、ママたち先に行っちゃったよ! お家づくりやめて、行こう~!
途中の道で、私も一枚。
ここも何かの遺構なのだと思います。
仲良く手をつないで歩いてきました。蟻さんを発見したり・・・。
少し冷えてきたので、次女に上着を着せました。
よくわからない遺跡で。
こんな所を歩いていました。

【15:55】「神殿の谷」に到着してから、マップも持たずに一本道を進むこと45分。「ディオスクロイ神殿」からどこに向っているのかはわかっていませんが、とりあえず先に進みます。

今は1月。日没は午後5時過ぎ。

遺跡は日没時に閉場します。残された観光時間はあまりありません。

これだと、州立考古学博物館はカットしなくてはならなくなりそう・・・。

いや、そもそも博物館がどっちの方向かわからないし・・。

降り立ったバス停からここまでの距離は800ⅿ。

いったん別記事を挟み、次回、いよいよ神殿の谷の大ボスの登場です。

ご訪問ありがとうございました! もしよろしければ、ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです(^^)/↓

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

私のブログを応援してくださる方、お手数ですがこちらもポチっとお願いいたします(^^)/↓


家族・子連れ旅行ランキング

※冬の南欧へ!子連れイタリア・シチリア島旅行記を第1話から読む方はこちら(全て無料)

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【スウェーデン】ストックホルムでパパにブチ切れ

【台湾】日本語で話しかけてきた知らない女性の車に乗った

【子育て】子どものスキーは中古で5千円で揃いました