ジャカルタでチャイナタウンの市場を散策(2018.8 子連れインドネシア旅 ♯44)

パサール・グロドックの入口にて。

「2018.8 子連れインドネシア旅 ♯43:カルフールでおみやげ購入」の続きです。

【17:15】大荷物を持ってホテルに帰ってきた私たち。ホテル出発予定時間は午後7時30分。荷物のパッケージとシャワーの時間を考慮してもあと少し観光できるということで、ホテル周辺の、日常のジャカルタの風景を見て回ることにしました。

【インドネシア旅:9日目その5】

【17:20】そう決断すれば、時間はありません。すぐにホテルを出て歩きます。

ホテルから、歩いて5分ほどの所に、「パサール・グロドック」という市場があるので、そこにお散歩に行ってみます。

このグロドックという所、中華系の人が多く、ジャカルタにあるチャイナタウンの1つのようです。

一応、市場などの人混みではスリにあう危険が増えるのかなと思い、ある程度の額のインドネシアルピーだけをパパのズボンのポケットに入れ、財布はスーツケースの中にしまってホテルに置いていくことに。

このちょっとした犯罪対策が、あとあとトラブルになってしまうんですが(^^;

そして、グーグルマップを見る限りでは、近くに「ゲームゾーン」なる建物が。日本のゲームセンターのようなものなのか、はたまた子ども向けのミニ遊園地みたいな施設なのか、どちらに転んでも興味があったので、ここにも行ってみることに。

ホテルから、パサール・グロドックに向かって(コタ方面に向かって)歩きます。

パサール・グロドックを散策

「ゲームゾーン」はよくわからず。市場は見つけたので、市場を歩いてみます。

市場の入口で、何やら魚のようなものを運んでいる男性がいたので、のぞき込んでみると、なかなか大きなカニでした(^^)/

ホテルからメイン通りをコタ方面に向かって歩いています。
これは、カニだ!興味深そうに見ていたら、下に置いてくれました。
新鮮な野菜が並んでいますが・・・、日本人としては車の排気ガスが野菜にかかるのが気になります(^^;
パサール。グロドック入口。海賊版のDVD屋さんかな?(正規店だったら御免なさい)
チャイナタウンらしく、市場の所々に中華風の装飾が(^^;
市場内の八百屋さんで。
恐らくココナッツ屋さんです。
日本の伝統的な露天市場のようです。

特に何かを買う予定はないのですが、市場の中を、サッと散策しました。野菜、魚、服など、生活に必要なものはすべてそろうという印象でした。値札表示はあまりないような気がしたので、もし何かを買うときは、常にインドネシア語での交渉になりそうです。

チャイナタウンにある市場らしく、漢方薬を売っている店や中華の菓子店などが散見され、市場のあちこちに中国風の装飾もありました。

また、歩いていると、日本語の文字が書かれたTシャツを着ている人が結構いることに気が付きました。日本人が英語の書いてあるTシャツをかっこいいと思ってきているのと同じ感覚なのでしょう。

写真を撮りませんでしたが、かっこいいイケメンの若い男の子が「明日があるさ」と大きく書いたTシャツを着てクールに済ましているのには思わずクスッとしてしまいました( ^^) _U~~

日本語のプリントしてあるTシャツを着ているインドネシア人の男性を多く見かけました。インドネシアでは、日本語が「かっこいい」と認知されているのでしょう。

気になっていたのが、「ゲームゾーン」と表記されていた建物。帰り際にもう一度確認してみますが、ここがゲームゾーンと表記されていた建物には間違いないようです。

でも入口を確認すると、やはり閉まっている・・・。中を覗くと小さいショッピングセンターのようにも見えますが・・・。もうすぐ午後6時なので、午後5時に閉まってしまったのでしょうか。そういえば、グーグルマップで事前に見ていた時に、午後5時閉店というお店が結構あったな・・・。

詳細は不明ですが、やはり「ゲームゾーン」なる所には入れず。予定より早いですが、ホテルに戻ることにします。

ここが地図上「ゲームゾーン」となっていた建物。何の施設だったのでしょうか。
ホテルの近くで、近すぎる駐車を発見。5cmくらいしか離れていません。神業です。

【17:55】ホテル着。帰国の準備です。

帰りの飛行機は午後11時50分発。3時間前の午後8時50分までには空港に着くようにします。空港までは所要50分の予定なので、午後8時にホテルを出れば大丈夫です。そのためには午後7時45分に部屋を出てチェックアウトをしという感じなので、あと1時間50分。

部屋でシャワーを浴び、荷物をパッケージングし、夕食は空港でゆっくり摂ります。

お決まりのトラブルね・・・(^^; 実は、ここまで来て、また起こるんですよねトラブルが(^^; きゃ~~っ。もう、本当に勘弁してほしい・・・。でも、私たち自身が悪いんです。

次回は1つだけ別記事を挟み、続きます。

※トラブル連発!子連れインドネシア旅行記の第1話はこちら