赤ちゃんのパスポート写真撮影は少しだけ気合いを入れよう!

生後3か月の時に作成した長女のパスポート。かわいく撮れています(^^)/。

先日、次女が5歳になり、生後3か月の時に取得したパスポートがもうすぐ期限切れになるので、更新(正確には「切替発給」)に行ってきました。

パスポートは運転免許証と違って、「更新」という考え方ではないので、申請時から5年間有効になります。早めに更新手続きに行くと、その分有効期限も早く到来してしまい、損になるわけです。

一方で、本籍地や姓の変更など戸籍上の身分事項に変更がなければ今のパスポート(と写真、お金、窓口で記入する申請書)があれば手続きできるので、パスポートの有効期限内に行って更新するほうが、面倒な添付書類を省けます(パスポートが切れてから行くと「新規申請」となってしまう)。

しかし、今は新型コロナの影響でまだまだ海外旅行ができる環境ではないので、いったん失効させ、また行く予定の時に取った方が利口です。

でも私は、「いつでも海外旅行に行ける準備をしておきたい!」という気分的な理由で、あえて切替発給を選びました。

非合理的な判断だということは重々承知。

でも、私は、意地でも子どもたちのパスポートを切らせたくなかったのです( *´艸`)

私の後悔

今から5年前、当時生後3か月だった次女のパスポート取得の際、写真撮影で失敗したままパスポートを作ってずっと後悔していました。

どういうことかというと、パスポートセンター併設の写真屋さんで、次女がたまたまものすごいしかめっ面をした所を写真に撮られてしまい、それをそのままOKしてしまった(パスポート写真にしてしまった)のです(^^;。

当時は、「ま、いっか」くらいに思ったんですが・・・(^^;

0歳児のパスポート写真撮影

3か月児を写真撮影に連れて行くと、写真屋さんも慣れたもので、赤ちゃんをかごに寝かせ、おもちゃなどで目線をカメラに向けながらサッと写真を撮ってくれます。

ぐずってしまった場合は落ち着くまで写真は撮影できません。また、思いっきり笑ってしまってもダメです。もちろん、寝ていてもダメです。赤ちゃんが起きていて機嫌がいい時、が撮影条件になります。

写真屋さんも、0歳児の写真撮影は大変です(^^; ぐずったりした場合は、赤ちゃんが落ち着くまで、次の人に順番を譲って待ちます。

今から約8年前、長女が生後3か月の時に作っものは、記事冒頭で紹介したとおりです。

問題のパスポート写真

私の場合、長女の時も次女の時もぐずったりせず、すんなり1分以内に撮影が終わりました。

長女の時は、全く問題(というか、不満)はありませんでした。

次女の時は、撮影時、明らかに次女が大きなカメラを怪訝そうな顔で見てる所をいきなり写真に撮られ、「OKで~す!」となりました。私は、「えっ?今の(しかめっ面の写真で)OK?」と内心思いましたが、写真屋さんに言われるまま撮影終了

出来上がった写真をパパに見せると、「何だこれ(何だこの変な写真)! どうしてもう1回撮ってもらわなかったんだ!」との反応。

あああ、やっぱりそうよね・・・(^^;。

でもこの時は、「ま、パスポートの写真なんか何でもいいか」と夫婦で話し、(もうお店を出て来ていたので)もう1度お金を払っての再撮影はしないで、そのままパスポートを作成しました。

その時の写真がこちら。

大きいカメラを「何だこれ!」と怪訝そうな顔で見る次女の写真

写真が、全然かわいくないんですよ・・・( *´艸`)

般若みたい・・・。

もっと普通の写真、絶対撮れた・・・。

ちょうど3か月頃の次女の写真。こんな顔でした。

写真屋さんにすれば、正面を向いていて目を開けていれば何でもいいので、これでOKにしてしまうのですが・・・・・。私の押しの弱い所(交渉できない所)が出てしまいました。

生まれて初めてのパスポート。一生の記念に残るものなので、もう1枚だけでも撮ってもらうべきだった・・・。

その後、海外旅行に行ってこのかわいくないパスポート写真を見るたびに、「どうしてあの時写真の撮り直しをお願いしなかったのか」を後悔し続け、4年半が経過したのでした。

さすがに5歳の今回は、普通にかわいく撮れましたよ(^^)/

0歳児のパスポート写真撮影は少しだけ気合いを入れて!

もちろん、証明写真撮影で気合いの入れ過ぎは、写真屋さんに迷惑なのでやめましょう。

でも! 最初の撮影で「イマイチだな」と思ったら、ためらわず「もう1回だけ撮影お願いします!」と言って、再度撮影してもらってください。それでもダメなら、あきらめもつくというものです。

ちなみに、できあがったパスポートは、本人でないと受け取れません。ここでの本人とは赤ちゃんのことですので、つまり、赤ちゃんを窓口に連れて行かなくてはいけないのです(^^)/ この時は寝ていても大丈夫です。

皆さんの赤ちゃんのパスポート、私の次女の時と違って、かわいく作ってもらえますように(^^)/。

次回は、宮古島観光情報を紹介します。

(台湾周遊旅行記の続きは、ちょっと待ってネ(^^)/)

【その他の子連れ海外旅行記↓】

※妊娠中の海外旅行記第1話はこちら

※赤ちゃん連れ海外旅行についてのいろんな話はこちら

※英語話せない人に絶対オススメ!子連れ台湾周遊旅行記第1話はこちら。

日本のパパよ!低くなれ!!~子連れ旅行の写真をうまく撮ろう~

初めて子連れフライトをする方へのアドバイス