ヘルシンキ大聖堂でカモメに襲われる(1歳&4歳:子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅 ♯36)

カモメに襲われる前の私たち。

【これまでの旅程】
1日目:羽田からスウェーデンのストックホルムへ

2日目:ストックホルム市内観光。その後、夜行フェリーでフィンランドのトゥルクへ

3日目:ムーミンワールドとトゥルク市内観光

4日目(今日):トゥルクから特急列車でヘルシンキへ。

午後、トラムに乗ってヘルシンキ市内観光。公園遊び、公園のベンチでお昼ごはん&日光浴、テンペリアウキオ教会、キアズマ国立近代美術館、野外イベントとまわってきました。

【17:45】キアズマ国立近代美術館を思う存分堪能して、トラムに乗って、ヘルシンキ観光のド定番、ヘルシンキ大聖堂にやって来ました。

【2016.7 子連れ北欧旅行:4日目その10】

ヘルシンキ大聖堂前で勝負撮影

すごい! 大迫力!

そして、白い建物が美しいですね~!

ここで私たちは勝負撮影(たくさんの写真を撮ること。旅行中に1~2回、気に入った場所でこのような機会を作っています。)をすることにしました。

天気もいいし、広くて撮影の自由度もあるし、絶好の写真チャンスです。

私たちの勝負撮影についての記事はこちら↓
これ、おススメよ。

10分間で100枚くらい撮影。

私たちが遊びながら家族写真を撮っていると、香港からツアー旅行でフィンランドに来ているおじさんが「写真撮ってあげるよ!」と言ってくれ、1枚撮ってもらいました。

ここは多数の観光バスが乗りつけ、ツアー客も多く訪れるスポットです。

(これ、あんまりいい写真じゃないけど私が下向いてるからブログ用に(^^;)
ヤッホー! 長女とイマイチタイミングが合いませんでした。
こちらの花壇もとってもきれい!
抜けるような青空です! 次女、ヘルシンキでいい顔してます(^^)/
今度は私も撮ってもらおう・・・と思ったら、香港人の方が声をかけてくれました。
香港人の方が撮ってくれた写真。貴重な家族写真になりました。ありがとうございました(^^)/
顔出してみたり・・・。
石畳を、上手に歩きます(次女1歳2か月。まだやや危なっかしい)。

大聖堂の階段に座って休憩

【18:05】大聖堂の前の大きな階段に座って、お菓子でも食べることにします。

ただこの階段、当然ですがベビーカーでは行けなくて・・・。階段の中ほどに座りたいので、パパは階段に上らず、ベビーカーと一緒に下で撮影係。

パパが下から、お菓子を食べる様子をビデオカメラとデジタルカメラで撮影します。

時間は夕方。子どもたちは少しお腹が空いてきたみたい。

この次にレストランに行きますが、まだ1時間くらい後だろうし、いったんおせんべいでも食べようか。

日本から持って来た赤ちゃん用のおせんべいを出して、半分に割ったものを次女に1口。もう半分は手に持っていました。

もう半分を、次女にあげようとしたその時!

一瞬の出来事でした。

私:うわっ(結構な叫び声)!!

白い大きな鳥がバサ~ッとやってきて、バッと私の手からおせんべいを掴んで行ったのです!

本当にびっくりしました。

大きな鳥に見えたのは、カモメでした。羽を広げると意外に大きいんですね。

そしたら、それを合図にするかのように、20羽くらいのカモメが一斉に私たちの周りを飛びまわりだしたのです!

こわ~~(^^;

こんな状況ではとてもお菓子どころではないし、周りの皆さんの迷惑にもなるし、すぐにおせんべいは片付けます。

怖かった~~(^^;

パパが下から叫びます。

パパ:大丈夫~~!?

私:全然大丈夫じゃない!!

パパ:カモメがそこに集まってるわ。動かないで。今そっち行くから!

20羽のカモメたちはしばらく私たちの様子を伺っていましたが、パパがベビーカーを下に置いたまま階段を上ってくると、またそれぞれ散っていきました。

4歳:すごかったね~カモメさん。お腹空いているのかな? いいこと思いついた! 手におせんべい持ってたら、カモメさん取っていくんじゃない?

私:ダメダメ! そんなことしたら、たくさんのカモメに襲われちゃうよ! 顔とかつつかれちゃうよ!

4歳:じゃ、パパにやってもらおうよ!

パパ:なんでパパにさせるんだよ~~(^^; カモメにエサはあげちゃいけないよ。ここではお菓子食べれないから、行こうか。

4歳:おっとと・・(カモメが長女の頭のすぐ上を低空飛行していった)。

パパはいったん階段を下りてベビーカーを担いで、また上って来ました。大聖堂の中に入ってみます。

階段に座って、次女におせんべいを食べさせます。とってもいい景色です。(左側にカモメ1羽)
「うわっ!」手に持っていたおせんべいをみごとに奪われました! びっくりして叫んでしまいました(^^;
急にカモメたちが鳴いて集まって来ました。怖い~~"(-“"-)"
おせんべいをかたずけて周囲を警戒します。パパ、助けて~~(^^;。
警戒する長女。
私たちのまわりにカモメが集まってしまいました。これでは周囲の方にも迷惑です。
ビックリしたね~~。(長女が食べているのは「こんにゃくゼリー」)
状況が落ち着いてから、ここでも1枚。

大聖堂の中へ

【18:15】興奮冷めやらぬ中、大聖堂の内部を見学します。

内部はとてもシンプルな造り。トゥルク大聖堂もそうでしたけど、私、北欧の教会(大聖堂)のこのシンプルさ、大好きです(^^)/

パパはベビーカーを担いで上がって来ました。(横にスロープもありますが、階段の方が近いです)
落ち着くたたずまい。シンプル・イズ・ベスト!
奥の宗教画と。
シャンデリアがすごいですね~。
ちょっと横にそれてみます。
ろうそくを立てます。1ユーロを寄付。
うまく立てられるかな~~。

【18:25】大聖堂を出て来ました。

準備を整え、トラムに乗ってレストランに向かいます。

トラム路線図を確認すると、降りた駅ではない駅から乗ると1本で行けることが判明。そこまで歩きます。

次女を抱っこ紐に入れて・・・。ベビーカーはパパが持って、慎重に階段を下ります。長女は疲れてきたようで、若干グズグズ言い出しましたが・・・。

さすがにこの階段を抱っこは大変だから、声をかけながら自分で歩かせます。

4歳「疲れた~~。歩きたくない~~。」
あっちのほう、ちょっと眺めてみよう。
次女を抱っこ紐に入れて・・・。移動の準備です。
転ばないように大聖堂の階段を下ります。

トラムに乗って目指すのは・・・

【18:45】最寄りの「Senaatintori駅」に到着。

狙うのは、2番のトラムですが・・・、電光掲示板の案内を見ると、10分以上来ないようです。

長女はお疲れで、トラム駅のベンチでぐったり。

長女:眠い~。

私:じゃ、長女の背中に、せんべい並べてあげるね。そうしたらカモメさんがたくさん来て、きっと長女をつついて起こしてくれるね。

長女:ええ~~っ!

しばらく来ないみたいなので、ベンチで休憩。
ここの街並みもすごくきれいです。
「次に来るのは、あの電光掲示板に出るんだよ! 長女が乗るのは2番のトラムだよ。」
次に来るのは何番かな~~~。
後ろから、ようやく2番のトラムが来ました。

2番のトラムで「かもめ食堂」へ

【19:00】2番のトラムに乗り込みます。

運転手さんからトラム1時間券を買おうとして、「2枚!」と言ったら、「ベビーカーを押してる人は無料だよ(雰囲気で英語を理解)!」と言われ、1枚分のみ購入。

子どもが乗ったベビーカーを押していると、無料になるんですね~(今まで知らなかった(^^;)

大人1枚3.2ユーロ(キオスクや自動販売機で買うと2.5ユーロなので車内で買うと割高ですが、やむなし)。

乗るやいなや、ベビーカーの上の長女が叫びます。

長女:あーっ! 鳥のフンだ!

何と、車内の床に、鳥のフンが落ちていたのです。

トラムの車内にカモメが入ってきたのかしら(^^;

長女:7Bのトラム乗ったときは、中に犬もいたしね。ここ、カモメが間違って入ってきて、フンしちゃったんじゃない?

私:(今日乗ったトラムは、「6」「6」「2」「7B」「2」で5回目)7Bとか、よく覚えてるわね~~。

【19:10】8つ目の「Viiskulma(読み方不明)駅」で下車。

長女はベビーカーに乗せて乗車(そうすると大人1人無料になります)。
見て、ここに鳥のフンがあるよ!!
4歳「カモメさんがおせんべい狙って、電車に入って来たんじゃない!?」
ここからはるるぶの地図だけが頼りです。迷わないといいのですが・・・(^^;

映画「かもめ食堂」のメインステージとなったレストランで、おいしいディナーをいただく次回に続きます。

いい加減、ハプニングなしでお願いしますよ~。

※夏の北欧へ!子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅の第1話はこちら

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

【ミャンマ―】殺人エレベーターの恐怖

【ミャンマー】食中毒のリスク

【ミャンマー】マンダレーへ夜行バス9時間(親子4人)