ヘルシンキ:トラムに乗ってハカニエミ市場へ。そして放水限界へ。(1歳&4歳:子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅 ♯39)

市場には、おいしそうなイチゴやブルーベリーがたくさん売られていました(^^)/

【これまでの旅程】
1日目:羽田からスウェーデンのストックホルムへ

2日目:ストックホルム市内観光。その後、夜行フェリーでフィンランドのトゥルクへ

3日目:ムーミンワールドとトゥルク市内観光

4日目:トゥルクから特急列車でヘルシンキへ。午後はヘルシンキ市内観光

5日目(今日):ヘルシンキ市内観光へ

トゥルクから特急列車でヘルシンキに移動し、午後はヘルシンキ市内観光をして「ラディソンブル・シーサイドホテル」に宿泊。

4つ星ホテルでの豪華朝食を堪能して、お腹いっぱいでヘルシンキの市内観光に出かけます。

【2016.7 子連れ北欧旅行:5日目その2】

始発のトラムに乗車

【8:00】ホテル出発。

まずは、ホテルの目の前のトラム駅「Hietalahti駅」に向かいます。「Hietalahti駅」は6番線の終点の駅。

私たちが駅に向かうと、始発のトラムが停車していました。

発車前の、がら~~んとしたトラムに乗車します。

昨日も5回乗っているので、もはや自信満々。

切符は持ってないけれど・・・、どうせこの後、ヘルシンキ中央駅の最寄り駅「ラウタティエアセマ駅」で乗り換えるのだから、そこの券売機で買えばいいじゃん! という大胆な発想が!!

運転手さんから買うと1時間券が3.2ユーロ(390円)ですが、券売機だと2.5ユーロ(300円)なのです。

しかも、子どもを乗せたベビーカーを押す大人1人分は無料になるので、私たちは大人1人分の切符でいいのです。

3.2ユーロ出して運転手さんから切符を買うべきなのですが、何か大胆になっていて、途中の駅までは切符を持たずにトラムに乗り(=無賃乗車。アウトです)、途中駅で切符を買うことに!

それで浮くのはわずかに90円。もし途中駅まの間に検札があったりしたら、多額の罰金を取られるでしょう。

発車まで、トラムの中で10分ほど待ちました。

待っている間、長女はぬいぐるみをポールに登らせて遊んだり、次女はまた靴下を脱いでは私が履かせ、脱いでは履かせ・・・遊び(^^;

【8:15】そして、トラム出発!

切符を買っていないことなど、私はすっかり忘れていました(パパは無賃乗車がバレるのではないかとドキドキしていたそうです)(^^;

パパ「おっ! 港に、タリン(エストニア)行きのフェリーが停まってるね!(私たちは明日の朝、あの船に乗るのです)」
がらがらの始発トラムに乗車しました(^^)/
靴下脱ぎ脱ぎ遊び(30回くらいループしました)
長女は、「くーちゃん(クマのぬいぐるみ)」に棒登りをさせて遊んでいます。

途中で降りて、トラムの切符を購入

【8:25】ヘルシンキの中心の駅「ラウタティエアセマ駅」に到着。ここでいったんトラムを降りて、券売機で切符を買います。

そして、後続のトラムに乗車。

このトラムは多少混んでいて、私&次女、パパ&長女のペアで若干離れた所に座りました。

ベビーカーの次女が、すぐ目の前のサングラスのおばさんに向かって、ご機嫌で話しかけます。

おばさんも笑顔で手を振ってくれて、しばしの交流(^^)/。

【8:35】3つ先の駅「Hakaniemi」で下車。ここは、有名な「ハカニエミ市場」の目の前の駅です。

見ると、すぐ前の広場にテントがたくさん。朝市なんですね。

喫茶店のテントもあるようです。

平日の朝なんですが、通勤の人の姿はここにはなく、のんびりとした時間が流れています。

子どもたちは2人ともご機嫌。にぎやかに騒ぎながら、広場の市場へ入っていきます。

昨日も切符を買った、ヘルシンキ中央駅前でいったん下車。トラムの1時間券を買います。
長女「あっ! きたきた!! 3か6か9ならいんだね!!」
本日2回目のトラムに乗車。今度はちゃんと切符を持っています。この後、サングラスのおばさんとの交流が。私も英語で1言~2言、適当に話しました。
着いたぞ! うきゃきゃきゃきゃ!!
なぜか朝からテンション高いです。
あっちに市場を発見!
おや・・・「クルムス」って・・・。私たちがトゥルクで泊まったホテルじゃないですか!

ヘルシンキの日常「ハカニエミ市場」

【8:40】がらんとした広場に、余裕を持って配置されたテント。

見てみると、ほとんどが野菜、果物のお店。生鮮市場なんですね。

冷蔵ケースを備えたお肉屋さんがあったり、広場に所狭しと鉢植えの花を並べる花屋さんがあったり、喫茶店があったり。喫茶店のテントでは、朝から、大勢のお年寄りたちがのんびりお茶をしていました。

屋台で売られる野菜が、カラフルでとてもきれい!

たくさんのテントが並んでいます。けれど、人通りは多くありません。朝だからかな・・・。
色とりどりの北欧野菜が美しいこと!
八百屋さんに人がいません(^^; 何とものどかな風景。
市場を歩くって、楽しいです(^^)/ いかにも地元の台所って感じですね。
植木や花もたくさん売っていました。きれいだね~~。
天気もよくて、ほんと最高の朝!

いちごを購入

屋台を見て回る中でどうしても目に留まるのが、赤々と熟した大きいイチゴ!

イチゴのモニュメントもあったりして、ひょっとして、イチゴはフィンランドの特産品??

うちの子どもたちはイチゴが大好き。一昨日の夜、トゥルクのスーパーでフィンランドのイチゴを買いましたが、大きくて甘くて、とってもおいしかったよね~(しかも物価の高い北欧にあって、値段は日本と変わらず)。

せっかく来たのだから、市場で何か買っていこうか! 何か買うのなら、迷わずイチゴだ!

イチゴを買うと言うと、長女も大喜び。どのイチゴ屋さんのイチゴがおいしそうかな・・・。

3軒ほど見比べ、長女に「これ!」と決めてもらい、大きなパックのイチゴを1パック購入。今日は船に乗ってピクニックに行く予定なので、ピクニック先で食べることにします。

すごくたくさんある~~!  どのイチゴにしようかな!!
ブルーベリーや木イチゴ、さくらんぼ、カシス、その他名前のわからないベリーも数種類売られています。
イチゴのモニュメントが。特産品なのかな~~。
なぜかカメ? 4歳の長女が撮ってくれました。
長女と一緒に(^^)/

ヘルシンキ軍事博物館を目指して

ハカニエミ市場を出ます。

次に目指すのは、「ヘルシンキ軍事博物館」。ここから1kmくらいの距離にあり、歩いても行けるのですが、まだトラムの1時間券が切れていないので、トラムに乗って移動します。

【9:05】トラムに乗って1駅、「Snellmanintaku」駅で下車。

「るるぶ」の地図を頼りに、ヘルシンキの街を歩きます。

トラムを待ちます。今度乗るのはほんの1区間。切符は1時間有効です。
「Snellmanintaku」駅でトラムを降りて。私たちが乗ってきたトラムが、カーブを曲がって去っていきます。
「るるぶ」の地図だけを頼りに軍事博物館を目指します。上り坂なのね(^^;。でも道が歩きやすくて良かったです(^^)/
途中、作業車を運搬する大きなトレーラーを発見!

【9:30】地図に書いてある「軍事博物館」の建物に到着。

地図の指し示す建物は確かにここなんですが、どこにも看板と言うか受付と言うかがありません。

ここ、博物館だよね??

パパがしばらく付近を探索しますが、博物館の入口がどこかわからない。看板もやっぱりないし・・・。

建物の周囲をグルとまわって私が中庭に見た物は・・・。

あれは、旧ドイツ軍の戦車(実物)じゃないか!!

やっぱり、ここが軍事博物館で間違いないですね(^^)/

私、さっきからずっとお〇っこ我慢してたんです。入ったらすぐトイレに行かないと。

「軍事博物館」の建物にやってきました(写真左手前のレンガの建物)。もう、お〇っこもれそう。
迷った挙句、やはりここに違いない! 戦車があるし!

えっ・・・。

まさか・・・!!

博物館が、本日休館!?

お〇っこ出そうなのに!!!

長女にはいざという時のためにおむつを履かせていましたが、私は普通の下着です。

見渡しても、レストランや商店は1軒もありません。

パパが付近の4~5階建ての建物(多分、集合住宅?)に入ってトイレがないか見てみましたが、5分走り回っても見つけられません。

そして、刻々と近づきます。

放水限界が。

どどどどどどどどどどどど、どうしよう!!!!!

北欧で、まさかのアレか?

緊急オプションが頭に浮かびます。

しかも、山の中じゃなくて、街なかで!

私、生まれてこのかた、街なかでは緊急オプションやったことがないんです!(神様の声:街なか以外ではあるんかい)

私:どどどどど、どうしよう?

パパ:しょうがない、そこの建物の陰に行くか? それともそこの小型戦車の後ろにする

もうダメだ(限界の表情)!!

放水する次回に続きます。

※夏の北欧へ!子連れスウェーデン・フィンランド・エストニア旅の第1話はこちら

【その他の子連れ海外旅行記など↓】

激安&超簡単】我が家では子どもたちが毎日シャーベットを作ります

これで庭の草取りから解放される

妊娠中の海外旅行のリスクとメリット